HOME » 採用事務所の声 » 司法書士法人 アーサー&パートナーズ


司法書士法人 アーサー&パートナーズ

拠点展開をするにあたりパートナーとなる司法書士を紹介いただきました。メンターエージェントは自分と違う観点で人を選んでくれるのでありがたいです。司法書士法人 アーサー&パートナーズ 代表社員 久保 巌氏

 千代田区麹町の司法書士法人アーサー&パートナーズは、このたび司法書士業務の個人向けサービスに特化した拠点展開を開始した。新たな事務所開設にあたって必要となる人材の紹介をメンターエージェントに依頼、事務所責任者となる司法書士を採用した。代表の久保巌司法書士に、拠点展開と人材採用、そしてメンターエージェントを利用するメリットなどについて詳しく話をうかがった。
(写真中央はアーサー&パートナーズ谷岸優美司法書士、左は弊社代表山口)

もくじ

司法書士法人 アーサー&パートナーズ

■業務
不動産登記、法務コンサルティング、営業支援コンサルティング、債務整理
※事務所の詳細については下記ホームページをご覧ください。
アーサー&パートナーズ(仙台事務所) http://arthur-sendai.jp/

拠点展開のためメンターエージェントの人材紹介を利用

― アーサー&パートナーズではメンターエージェントをどのように活用していますか。

メンターエージェントには司法書士有資格者の採用に力を貸していただいています。

昨年(2008年)、アーサー&パートナーズは仙台事務所を新たに開設することを決定しました。今後拠点展開をしていく上で第一歩となる事務所です。その開設にあたり、パートナー候補となる司法書士有資格者の紹介をメンターエージェントに依頼しました。

メンターエージェントからは5月から7月にかけて、合わせて3名の司法書士有資格者をご紹介いただき、うち1名(谷岸優美司法書士)を採用しました。仙台事務所がオープンしてから、私は所長として週のうち半分は現地入りをしているため、谷岸司法書士には東京事務所の責任者として業務全般を任せています。

司法書士事務所の拠点展開と人材採用

― ここからは、久保司法書士が取り組まれている「司法書士事務所の拠点展開」、そしてそれに伴う人材採用についておうかがいしていきたいと思います。まずアーサー&パートナーズが拠点展開を行うようになった経緯をお聞かせください。

私が麹町に事務所を開設したのは2006年8月で、以来、ほぼひとりで司法書士の業務をこなしてきました。もともと拡大志向はあまりなく、ひとりでやる気楽さを享受していました。

しかし、1年ほどたった頃から考えが変わってきました。自分ひとりでできることには、やはり限りがあります。このままで自分は本当にいいのだろうかと自問自答しました。

少々気恥ずかしいですが、「愛するファミリーとともに笑う」というのが私の人生のテーマです。「ファミリー」とは自分の家族だけでなく、スタッフやその家族、そして仕事で関わるすべての人を含みます。一緒に笑えるファミリーを増やしたい。俗ないい方をすれば、もっと多くの人の面倒を見られる「甲斐性」を持ちたい。そのために、今まで以上に真剣に司法書士という仕事に向き合い、事業を拡大していこうと思いました。

司法書士事務所として、より多くの人のお役に立つにはどうしたらいいのかと考えたときに浮かんだのが債務整理業務です。この分野は困っている方が多いにもかかわらず、専門家にサポートを依頼して解決できるということが一般的にまだまだ知られていません。法律の専門家として人のお役に立てる余地が十分にある分野だと思いました。

事務所の経営を考えた場合でも、好況時に強い不動産登記業務と不況時に需要が増える債務整理業務の両方を行うことでリスクヘッジができます。また、債務整理のようなエンドユーザー向け業務では積極的に自分からマーケット開拓をしていくという醍醐味があります。

そこでコンサルティングファームの山口社長にご相談をしました。私はメンターネットワークのメンバーということもあり、山口社長には折に触れて経営全般の相談に乗っていただいていました。そこで、東京事務所は現在のまま法人中心の業務を行うこととして、新たに開設する仙台事務所では債務整理を切り口とした個人向けの業務に特化したらどうか、というアドバイスをいただきました。

― なぜ最初に仙台を選んだのでしょうか。

困っている方の数に対してまだ専門家が不足しているなと思うエリアを探した結果です。首都圏は需要は多いものの、競合も多いため最初から考えていませんでした。いくつかの地方都市を候補地としてあげ、まずは東京との往復を考えて最も近い仙台に決定しました。

事業計画と同時並行し、拠点展開にあたって必要となる人材の紹介をメンターエージェントにお願いしました。

― どんな人材を望まれましたか。

うちのようにこれから拡大を考えている事務所にとっては、学歴や職歴、技能などのいわゆる「スペックの良さ」よりも、「ずっと一緒にやっていけるかどうか」のほうがはるかに大事です。誠実で価値観を共有できること、ともに事業を大きくしていこうという意欲のあること。それがメンターエージェントに依頼した条件でした。

面接にあたっては応募者の自主性を重視しました。「自分で考え、自分で決め、自分で行動することができるか、また、その結果を人と分かち合うことができるかどうか」という点です。ですからちょっとユニークな面接だったかもしれません。

― どんな面接をされたのですか。

「はい」「いいえ」で答える質問ではなく、オープンクエスチョンが中心です。たとえば、「あなたの得意なところを教えてください」という質問で、プレゼンテーションに近い形で話してもらったり、「これから私と営業に行くとしたら、どこに行きますか?」という質問で営業のシミュレーションを行ったりしました。その人が自分で考えられるかどうか、考えようとするかどうかを知るためには、具体的な状況を想定させる質問のほうが効果的です。

結果、谷岸司法書士を採用することができました。東京事務所を守ってくれるパートナーを得て基盤が整い、私は仙台事務所を軌道に乗せることに集中できるようになりました。

※ここで谷岸司法書士に求職者としてメンターエージェントを利用した感想をお聞きしました。

谷岸優美司法書士

― 司法書士の資格を取られたのはいつですか。

平成19年(2007年)です。そのときは別の人材紹介会社に登録し、紹介された司法書士事務所に入所しました。

― メンターエージェントに登録したのは何がきっかけでしたか。

その事務所は勤務地その他の条件が希望通りではなく、紹介会社に強く薦められて妥協したという感じでした。それなりに納得して入所したつもりでしたが、そこで仕事をするうちにもっと自分にあった事務所が他にあるのではないかと思うようになりました。

メンターエージェントは同期の友人の紹介でした。ここならば親身になって自分にあった事務所を探してもらえると言われました。登録したのは2008年の6月で、アーサー&パートナーズを紹介いただいたのはそれからまもなくのことでした。

― メンターエージェントを利用した感想をお聞かせください。

最初にメンターエージェントの担当者の方が「ピンポイントで紹介します」とおっしゃっていましたが、本当にその通りでした。最初に登録した紹介会社は、簡単なヒアリングのみでこちらの希望がうまく伝わらなかったように思います。メンターエージェントは私の条件を、わがままかなと思えることも含めてとことん細かく聞いてくれました。

この事務所は私の自主性を尊重してくれるので、とても気持ちよく働かせていただいています。今はまだ、いろんなことに挑戦中、勉強中の身ですが、これからアーサー&パートナーズが大きくなるお手伝いができればと思っています。

メンターエージェントを利用するメリットとは

― 久保さまにとって、メンターエージェントのサービスのメリットは何だと思われますか。

私が感じたメンターエージェントのメリットは3つです。

1,「時間をお金で買うことができる」こと

事務所を開設する以前も含め、これまで何人も自分の手で採用を行ってきました。欲しい人材を採用するのに1年ぐらいかけて口説き落としたことも数回あります。本当に欲しい人材を採るにはそれぐらい時間がかかるものだと思っています。

でもそこまで時間をかけられない今回のような場合には、メンターエージェントは非常に便利なサービスです。おかげでごく短い期間で求める人材を採用することができました。

「自分にはない観点で人材を紹介していただけることは事務所にとって大きなプラスですね」インタビューに答える久保巌氏

2,「今の事務所の状況に最適な人材」という観点で紹介をしてくれること

拠点展開をするために人材の紹介を山口社長にお願いすると、「そういう目的であれば今回はサポートタイプの人がよいのではないですか」と言っていただきました。

そこで初めて、私は今まで自分の好きなタイプばかりを採用していたことに気づきました。野球で言えば、4番バッターばかりを揃えていたのです。自分が採用したいと思うタイプは、あくまで自分の好みであって、「組織に必要な人材」とは限りません。1番や2番バッターが必要なこともあるでしょう。でもここは残念ながら自分ではなかなか見えない部分です。

山口社長が常々おっしゃるには、メンターエージェントは人を紹介することが目的ではなく、その事務所に成功してもらうことが目的だということです。だから全体を見て必要がないと思えば依頼があっても紹介はしないし、反対にこの事務所にとって必要と思えば依頼がなくても紹介するそうです。組織のコンサルティングを多く手がけている会社ならではの観点だなと思いました。

3,士業のことをよくわかっていること

士業というのは特殊な業界で、ローカルルールや独特の常識、専門知識があります。士業の人材紹介をするにはそれらを理解するとともに、業務の内容についてもよく理解していていただかないと困ります。その点、メンターエージェントは司法書士業務をよく知っているので、うちがどんな業務を行っているのか正確に応募者に伝えてくださっていますし、こちらにも応募者がどんな業務を経験してきたのか、わかりやすく説明してくれます。

メンターエージェントへの要望と今後の抱負

― メンターエージェントに対してこんなことをして欲しい、という要望はありますか。

できれば弁護士の紹介もしていただけたらと思います。法律上、司法書士は弁護士の雇用はできませんので、可能だとすればパートナーシップとしての紹介になるでしょう。そうして幅広いネットワークを作ってワンストップサービスを実現すれば、お客さまにとってアーサー&パートナーズを利用するメリットがまた増えるのではないかと思っています。

― アーサー&パートナーズの今後の抱負をお聞かせください。

仙台事務所で債務整理を行ったお客さまから「安心してやっと眠れるようになった」「ご飯が食べられるようになった」という言葉を聞き、拠点展開をして幅広く人のお役に立つことを選択して本当によかったと思っています。アーサー&パートナーズの目標は、「日本一安心して相談できる司法書士事務所」になることです。今後もその実現に向けてひとつひとつの仕事を粛々と積み重ねていきたいと思います。

メンターエージェントには、引き続き価値観を共有しながらともに働いてくれる人材の紹介をお願いしたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いします。

お忙しいなか、ありがとうございました。


※ 取材日時 2009年4月