HOME » キャリアプラン » 中下祐介司法書士 (司法書士 中下総合法務事務所)


中下祐介司法書士 (司法書士 中下総合法務事務所)

若い事務所ゆえの利点を存分に活かせる環境作りをしています

中下祐介司法書士

― はじめに、中下総合法務事務所の特徴をお聞かせください。

 当事務所の業務内容は、会社・法人登記、企業法務、不動産登記(売買・相続)が中心です。会社・法人関係では、難易度の高い案件や、スピードの求められる案件にも迅速に対応できるよう、環境を整えております。
 また、継続的にお付き合いいただいている企業さまに対しては、登記業務だけでなく法務部としての役割も担えるよう、リーガルチェック・アドバイス等のサービスも提供しています。
 当事務所は、企業に対して、登記のみを行う従来の司法書士事務所ではなく、企業経営・予防法務のブレーンとしてサポートできる司法書士事務所を目指しています。不動産登記に関しては、安全な権利移転・保護を実現することはもちろん、単に登記手続を行うだけでなく、お客さまに対して手続きのリード、情報提供やアドバイス、アフターケアなどを行い、総合的に満足度の高い対応を意識してサービスを提供しています。
 当事務所は、若い事務所ですが、最新の知識、フットワークの軽さや対応できる時間・場所、スピードなどを武器に、お客さまにご支持いただける事務所を目指しています。

人の支えがあるからこそ、自分がいまこうしていられるということがいちばんありがたい

― 司法書士になって中下さんがいままででいちばん嬉しかった『ありがとう』を教えてください。

 お客さまからいただいたありがとうのなかで、いちばんというのは決めかねてしまいますね。
 私の事務所がある新宿区は、全国のなかでも、司法書士が非常に多い地区なんです。その状況下で私の事務所を選んでくれたお客さまに「中下さんの事務所に頼んでよかったです」と言われると本当に嬉しいなと感じますね。また、継続してお付合いをしていただいているお客さまから「信頼していますから、中下さんにお任せしますよ」というお声をいただいた時にも喜びを感じます。
 司法書士の仕事は、製造業のように仕事がモノとして残るわけではありません。一度ご依頼をいただいたお客さまとも、もしかしたら今後会うことがないかもしれないわけですよね。そういったなかで信頼関係を築いていけること、広がりやつながりを持てるということは幸せだなぁと思っています。

 お客さまからいただく「ありがとう」とともに、私から伝えたい「ありがとう」の話をさせていただいてもよろしいですか?

中下祐介司法書士

― もちろんです! 教えてください。

 今、自分がこうして事務所を持って仕事をしていられるのは、お客さまはもちろん、家族・友人・同期・先輩・一緒に仕事をしてくださる他士業の先生方がいてくれるからだと強く感じています。独立といえども、『決してひとりでは進んでいけない』ということにも改めて気づきましたし、色々な方の心遣いや思いやりが自分にやる気を与えてくれました。
 色々な方の支えがあるからこそ、今こうして自分がいられるということ。それがいちばんありがたいです。

 みなさまには「いつも本当にありがとうございます!」と伝えたいです。私は、その方々への感謝の気持ちを、司法書士業務を通じて返していきたいなと思っています。

『ご依頼』を『信頼』に――

中下祐介司法書士

― それでは、これから司法書士を志している方・なりたての後輩たちへメッセージがあれば教えてください。

 では、非常に恐縮ですが、少しだけ先に独立した者として……一昔前は、司法書士業界は看板を出していれば仕事がくる時代だったと聞いています。でも今は、資格を持っているだけでは仕事にはなりません。
 私自身、受験勉強中は特に独立についてのイメージを描いていたわけではありませんでしたが、実際に修業時代を過ごしていくなかで、司法書士は資格を取れば必ずうまくいくという職業ではないことに気づかされました。

 私は、士業はサービス業と考えています。サービス業である限り、常にお客さまを意識し、顧客ニーズに適切なサービスで応えていくことが大切です。司法書士として、『国民の権利保護に対する使命感』と『サービス業という意識』、このふたつをバランスよく持つことが重要だと思っています。

 司法書士の資格を取得することは簡単ではないかもしれませんが、ひとりの司法書士として、お客さまのご依頼に対して、満足いただけるサービスを提供することは『プレッシャー』でありながら、『やりがい』であることは間違いありません。これから司法書士になろうとしているみなさん。司法書士になったら、ぜひ一緒に司法書士業界を盛り上げていきましょう!

― 最後に今後の抱負や目標を教えてください。

 今後なるべく多くの方に当事務所のサービスを知っていただいて満足をして欲しいですね。料理と一緒です、おいしい料理は多くの人に食べさせたいと(笑)。
 以前、非常にお世話になっている方から「若いから、お客さまへの対応など難しいところもあるかもしれないけれど、『おごらず』『気負わず』『ひるまず』だよ」というアドバイスをいただいたのですが、この姿勢は大切にしています。
 私の事務所の価値は、『ご依頼』を『信頼』に変え、その信頼を積み重ねていくことだと思っています。ツライこともありますが、基本的に何ごとも楽しむことがいちばんだと思っていますし、起きている時間のほとんどを使って仕事をしているわけですから、楽しめなかったらできません。

 毎日を楽しみながら、事務所にかかわるすべての方にご信頼いただける事務所を『おごらず』『気負わず』『ひるまず』に作ってまいります!

中下祐介 司法書士 (司法書士 中下総合法務事務所)

【プロフィール】
長崎県佐世保市生まれ、神奈川県川崎市育ち。中央大学法学部法律学科在学中、平成18年に司法書士試験合格、翌19年に簡易裁判所代理認定試験合格。都内司法書士事務所にて3年半勤務(不動産登記・商業登記・企業法務・裁判業務に従事)。のちにコンサルティングファームの開業塾を経て平成22年8月新宿区に司法書士 中下総合法務事務所を開設。

明るい笑顔と、お客さまや周りの方への感謝を忘れない謙虚さが印象的だった中下さん。言葉に思いがこもっていらして、こんな先生に依頼できたら心強いだろうなぁと感じました。これから司法書士資格を取得する方々には、中下さんのようなパワーとご自身の夢を持って、司法書士業界の未来をより一層明るく盛り上げていただきたいと思います。中下さん、お忙しいなか、ご協力くださいましてありがとうございました!


※ 取材日時 2011年5月


PAGETOP