HOME » 就職・転職ガイド » 就職・転職活動の方法を知る


就職・転職活動の方法を知る

 就職・転職活動の主な方法としては、「自己応募する」「人材紹介会社を利用する」という二通りがあります。それぞれの特徴をよく理解して、自分にあった方法を選びましょう。ふたつを併用することも可能です。

自己応募

 都道府県ごとの司法書士会の求人情報やホームページなどで採用情報を探して、自分で応募する方法です。好きなところに応募できる点が最大のメリットですが、下記のようなデメリットがあります。

自己応募のデメリット

  • 限られた字数の求人情報から応募先を選択しなければならない
  • 応募したからといって必ず面談できるわけではない
    ⇒書類選考を行う事務所がほとんどですから、それを通るような書類を準備する必要があります。
  • 書類の送付・面談調整・条件交渉もすべて自分で行わなければならない
  • 一回だけ、しかも30分~1時間という短時間の面接で判断を求められることが多い
    ⇒当事者同士で相対で話をすると、「こんなことを聞いても良いのかな?」といった遠慮もあることから、お互いの要件の摺り合わせやコンセンサス作りがしづらいという現実があります。

人材紹介会社を利用する

 メンターエージェントのような人材紹介会社に登録して自分の要件を伝えておき、条件に合う事務所を紹介してもらうものです。紹介会社にもよりますが、自己応募のデメリットは解消されます。

  • 非公開求人を含む多数の求人情報のなかから、あなたのキャリアプランに合った事務所をご紹介いたします。求人情報ではみえない、その事務所の特徴や求人募集の背景など、より詳細な情報をお伝えできます。
  • 司法書士業界の動向や事務所についての最新情報を提供し、「キャリアプラン作成キット」で、あなたのキャリアプランを作成するお手伝いをいたします。あなたの経験や能力を分析し、強みと弱みが整理されますので、応募書類(履歴書・職務経歴書)の作成はバッチリです。
  • 希望する事務所への応募・面談調整から条件交渉まで、すべて代行いたします。
  • 面接に同行し、事務所に対してあなたの強みを一緒にアピールします。事務所の要件もあらかじめ把握していますので、所長とのコンセンサス作りもスムーズに運ぶことができます。

 一般の就職・転職でも、紹介会社を利用するのは当たり前のご時世です。目指す業界に精通した就職・転職のプロに相談しながら活動することをお勧めします。メンターエージェントは、司法書士事務所をはじめ300ほどの士業事務所の経営支援を行っている株式会社コンサルティングファームが運営する人材紹介サービスですから、司法書士業界や事務所に関する知識・情報が豊富です。

 司法書士事務所への就職・転職は、ぜひメンターエージェントにお任せください。

ご登録のお申し込みはこちら!


PAGETOP