HOME » サービス紹介 » 司法書士 就職・転職成功者インタビュー 堆橋洋一さん


司法書士 就職・転職成功者インタビュー 堆橋洋一さん

司法書士 堆橋洋一さん

― メンターエージェントに登録したのは何がきっかけでしたか。

 私は平成19(2007)年度に司法書士試験に合格したのですが、口述試験のときに配られていたパンフレットを見てキャリアセミナーに参加したのがきっかけです。

― メンターエージェントを利用した感想をお聞かせください。

 キャリアセミナーで司法書士業界の現状とそれを取り巻く環境変化についての話を聞いたことが、とても参考になりました。それを踏まえたうえで、自分のやりたいことは何か、自分の今後のためにいま何をすべきなのかを真剣に考えることができました。
 事務所の情報を詳しく教えてもらえますし、面接の手配もすべて行ってもらえたので、とても助かりました。

― 埼玉出身の堆橋さんですが、福島で働くということに抵抗はありませんでしたか。

 当時は結婚もしていませんでしたし、縛られるものがなかったので特に抵抗はありませんでした。働く場所よりも資格を活かすためにどうしたらいいかということを優先していました。
 東京の事務所もいくつか自己応募で面接を受けましたが、自分としては幅広い業務を経験したいというのが第一でしたので、それを実現できるのはベストファームだと判断して、入所を決めました。

― 実際に働いてみていかがですか。

 個人事務所の場合は司法書士業務以外の仕事もいろいろあると思いますが、ベストファームは組織としてしっかりとした役割分担があるので、資格者が資格者としての仕事に集中できます。また経験豊富な方も多いため、いろいろ相談できますし、業務についてもそれ以外についてもたくさんのことが学べます。
 社内研修も定期的に実施してくれるので、忙しさに流されることなく参加することができます。ここでも他の支店の司法書士と情報交換ができるため勉強になります。
 私はもともとサラリーマンだったので会社組織に慣れているということもありますが、組織であるということは、当然多くの人がいるので、ひとりでは到底できないことも実現できるという魅力があります。
 まだ入所して1年ですが、本当にいろいろなことを経験させてもらっていて、司法書士がさまざまな業務にかかわれるのだということを実感しています。

― 今後の抱負をお聞かせください。

 私は何でもやりたがり屋ですが、たくさんある司法書士の業務の一つひとつを極めていけたらと思っています。1年目は不動産登記、商業登記でさまざまな事案を経験しましたが、2年目に入って現在メインで行っている債務整理と裁判手続きについて知識を深めていきたいと思います。
 弊社の業務量は多く、成年後見などまだまだやれることがたくさんあります。一つひとつが中途半端にならないように少しずつ深めていきたいです。

― 後輩の方たちへメッセージがあればお願いします。

 いろいろな事務所を転々とするのもよいでしょうが、ベストファームのように法人として組織化された事務所では、さまざまな業務を経験することができ、集中して仕事に取り組めるというメリットがあります。
 繰り返しになりますが、就職する事務所は、目先のこと(勤務地や待遇など)にとらわれず、自分は将来どうなりたいのか、そのためにいま何をすべきなのかをじっくり考えたうえで、選んだほうがよいと思います。司法書士資格を取ったことがゴールではありません。それをどう活かしていくべきかを考えてみてください。


※ 取材 2009年6月


PAGETOP