HOME » 最新ニュース » 司法書士試験の出願者・受験者・合格者数の推移(平成22年~28年)


司法書士試験の出願者・受験者・合格者数の推移(平成22年~28年)

 平成29年度の司法書士筆記試験が終わりましたが、今年は何名の方が合格されるのでしょうか。ここのところ首都圏では司法書士資格者が足りないという状況が続いていますので、とても気になるところです。

 今年の出願者数は18,831名と法務省より公表されています。出願者数に対する合格率はここ10年以上、2.8%~3.2%の間に収まっています。昨年と一昨年は3.2%ですから、今年も合格率が同じ3.2%であれば合格者数は603名ということになります。合格率が2.8%であれば527名ということになります。

 昨年の合格者数は660名でしたからそれよりも50名以上少ない603名でも十分に衝撃的な数字には違いありません。合格率が上昇傾向にあることは間違いないのですが1年で大幅にアップするとは考えられません。よくて3.3%というところではないでしょうか。ちなみに今年であれば合格率が0.1%アップすると19名合格者が増えます。

 

■司法書士試験の出願者・受験者・合格者数の推移(平成22年~28年)

年 度 出願者数 受験者数
(受験率)
合格者数
(合格率)
平成29年度
18,831

(-)

(-)
平成28年度
20,360
16,725
(82.1%)
660
(3.2%)
平成27年度
21,754
17,920
(82.4%)
707
(3.2%)
平成26年度
24,538
20,130
(82.0%)
759
(3.1%)
平成25年度
27,400
22,494
(82.1%)
796
(2.9%)
平成24年度
29,379
24,048
(81.9%)
838
(2.9%)
平成23年度
31,228
25,696
(82.3%)
879
(2.8%)
平成22年度
33,166
26,958
(81.3%)
948
(2.9%)

※出願者数、受験者数、合格者数は法務局資料より。
※受験率は「受験者数/出願者数」、合格率は「合格者数/出願者数」。

 

関連情報もあわせてご覧ください。
データで見る司法書士/「合格者数」から見る司法書士
データで見る司法書士/「会員数」から見る司法書士


PAGETOP