HOME » 最新ニュース » 平成29年度 司法書士試験(最終)合格者数|年齢別


平成29年度 司法書士試験(最終)合格者数|年齢別

 ピーク時(平成22年度)から比べると若い人の合格者が大幅に減少しています

 平成29年度の司法書士試験合格者の平均年齢は37.60歳、最高年齢は73歳(1名)、最も若い方は20歳(1名)。年代別に見ると、30~34歳が最も多く21.9%(138名)、次いで多いのが35~39歳で21.3%(134名)。30歳代の方が合格者全体の約4割(43.2%)を占めています。
 20歳代の合格者数は20~24歳が27名、25~29歳が69名、合計で96名、全体の15.3%に留まっています。合格者が最も多かった平成22年度では20歳代の合格者数は318名(33.5%)でしたから若い人の合格者が大幅に減っていることがわかります。
 過去の合格者の平均年齢を見ると平成28年38.03歳、平成27年35.16歳、平成26年35.04歳、平成25年34.78歳、平成24年度34.80歳、平成23年度32.94歳、平成22年度33.35歳、平成21年度31.64歳、平成20年度31.94歳、平成19年度31.38歳です。平均年齢は昨年に比べると少し下がりましたが、年々、高くなる傾向を示しています。

 

■司法書士試験年齢別の合格者数(H29)

年齢別の合格者数(グラフ)

■司法書士試験 年齢別合格者数(平成29年)

年齢区分 人数 構成比
60歳以上
24
3.8%
55~59歳
17
2.7%
50~54歳
37
5.9%
45~49歳
71
11.3%
40~44歳
112
17.8%
35~39歳
134
21.3%
30~34歳
138
21.9%
25~29歳
69
11.0%
20~24歳
27
4.3%
合計
629
100.0%

※法務局資料よりメンターエージェントが作成。

 

関連情報もあわせてご覧ください。
平成29年度 司法書士試験(最終)合格者数|年齢別
平成29年度 司法書士試験(最終)合格者数|地域別
合格者はピーク時から319名、34%減|平成29年度 司法書士試験(最終)合格者数
データで見る司法書士/「合格者数」から見る司法書士
データで見る司法書士/「会員数」から見る司法書士


PAGETOP