HOME » 最新ニュース » 引き続き若い司法書士合格者が減少しています|平成29年司法書士試験


引き続き若い司法書士合格者が減少しています|平成29年司法書士試験

20代の合格者がピーク時から比べると200名以上、少なくなっています

 司法書士試験の合格者数が一番多かったのは平成22年度の948名。それ以降、合格者は年々減少し、平成29年度の合格者数は629名ですから7年間で319名が減少したことになります。

 平成22年と平成29年の年代別合格者数を見ると、20歳代での合格者数が318名から96名へと222名も減少しています。30歳代では460名から272名へと188名の減少となっています。20歳代と30歳代の減少者数をあわせると合計で410名にも達しています。それに対して、40歳代以上の年代ではいずれも合格者数は増加しています。

■司法書士試験 年代別合格者数の推移(平成22年-29年)

年代区分 平成22年度
合格者数
平成29年度
合格者数
増減数
70歳以上
0
(0.0%)
3
(0.5%)
3
60歳代
7
(0.7%)
21
(3.3%)
14
50歳代
33
(3.5%)
54
(8.6%)
21
40歳代
130
(13.7%)
183
(29.1%)
53
30歳代
460
(48.5%)
272
(43.2%)
-188
20歳代
318
(33.5%)
96
(15.3%)
-222
合計
948
(100.0%)
629
(100.0%)
-319
※法務省資料に基づきメンターエージェントが作成
 

関連情報もあわせてご覧ください。
平成29年度 司法書士試験(最終)合格者数|年齢別
平成29年度 司法書士試験(最終)合格者数|地域別
合格者はピーク時から319名、34%減|平成29年度 司法書士試験(最終)合格者数
データで見る司法書士/「合格者数」から見る司法書士
データで見る司法書士/「会員数」から見る司法書士


PAGETOP