HOME » 最新ニュース » 今週6月3日、司法書士簡裁訴訟代理等能力認定考査が行われます


今週6月3日、司法書士簡裁訴訟代理等能力認定考査が行われます

 6月3日(日)に平成30年度の簡裁訴訟代理等能力認定考査(試験)が行われます。
 時間は午後の1時から3時まで。考査の内容としては「事実認定の手法に関する能力、立証活動に関する能力,弁論及び尋問技術に関する能力、訴訟代理人としての倫理に関する能力その他簡裁訴訟代理等関係業務を行うのに必要な能力を習得したかどうかについて、記述式により行う」とされています。
 合格の発表は平成30年9月3日(月)午後4時となっています。

司法書士の3/4が認定司法書士

 司法書士会連合会によれば平成30年4月1日現在、司法書士会員22,488名のうち、簡裁訴訟代理等関係業務認定司法書士は16,827名(75%)、認定を持っていない司法書士は5,661名(25%)となっています。この制度は平成15年に始まっていますが、平成15年度の認定者数は2,989名でした。

昨年、平成29年度の認定率57.5%は過去最低

 平成29年度の簡裁訴訟代理等関係業務認定考査の受験者数は915名、認定者は526名、合格率57.5%。この認定率は過去16回の考査中で最低水準です。なお最も認定率が高かったのは平成15年の78.9%(認定者数2,989名)でした。

 最近では認定考査が難しくなってきてるということを受験者も知っているので、司法書士試験合格後も6月の認定考査が終わるまでは就職せずに、引き続き勉強を続けるという方も増えてきています。
 今年は何名ぐらいが認定されるのか、認定率はどうなるのか、気になっています。受験される方には、ぜひがんばっていただきたいものです。

 

■簡裁訴訟代理等能力認定考査 受験者数および認定者数の推移(全16回)

簡裁訴訟代理等能力認定考査 受験者数および認定者数の推移(全16回)

※法務省資料などに基づきメンターエージェントが作成
 認定日は(*1)が平成15年7月28日、(*2)が平成16年3月1日、それ以外は各年9月。

 

関連情報もあわせてご覧ください。
平成30年度簡裁訴訟代理等能力認定考査情報(受験案内)
ますます厳しくなる司法書士の簡裁代理認定!|平成29年度簡裁訴訟代理等能力認定考査の結果発表
簡裁代理認定考査受験者数と認定者数の推移(全16回)
認定司法書士のできる仕事・業務とは


PAGETOP