HOME » 最新ニュース » 出願者数は17,668名で昨年度より1,163名、6.2%減|平成30年度司法書士試験


出願者数は17,668名で昨年度より1,163名、6.2%減|平成30年度司法書士試験

 平成30年度の司法書士試験の出願者数は17,668名で昨年度18,831名より1,163名の減少、減少率は6.2%。平成23年から8年連続で減少となりました。

 過去出願者数が最も多かったのは平成22年度の33,166名ですからこの年から比べると8年間で15,498名減、減少率46.7%となります(下表参照)。

 司法書士試験の最終合格率は平成27年3.2%、平成28年3.2%、平成29年3.3%。合格率が昨年並みの3.3%なら今年の合格者数は583名。ここのところ出願者数の減少を考慮したためかはわかりませんが、合格率が高くなる傾向にあります。今年の司法書士試験の合格率、合格者数がどの程度になるか非常に気になります。

 平成30年度の司法書士筆記試験は7月1日(日)に実施され、9月26日(水)午後4時より筆記試験の結果発表。口述試験は10月10日(水)に実施、最終合格者の発表は11月1日(木)午後4時よりとなっています。

   

■司法書士試験の出願者数

年 度 出願者数(人) 増減数(人) 増減率(%)
平成30年度 17,668 -1,163 -6.2
平成29年度 18,831 -1,529 -7.5
平成28年度 20,360 -1,394 -6.4
平成27年度 21,754 -2,784 -11.3
平成26年度 24,538 -2,862 -10.4
平成25年度 27,400 -1,979 -6.7
平成24年度 29,379 -1,849 -5.9
平成23年度 31,228 -1,938 -5.8
平成22年度 33,166

※法務省ウェブサイトより

 

関連情報もあわせてご覧ください。
データで見る司法書士/「合格者数」から見る司法書士
データで見る司法書士/「会員数」から見る司法書士
長期的に見ると司法書士試験の合格率は上昇傾向!
司法書士と他士業の資格試験合格率などを比較してみました


PAGETOP