HOME » 最新ニュース » 合格率アップ?|平成30度 司法書士 筆記試験合格者数


合格率アップ?|平成30度 司法書士 筆記試験合格者数

筆記試験合格者数は620名、前年より12名減少

 9月26日午後4時に法務省のホームページにて「平成30年度司法書士試験筆記試験合格者受験番号」が公開されました。
 今年の司法書士筆記試験の合格者数は620名で昨年の632名に比べ、12名の減少となっています。この時点での合格率は3.5%(出願者数17,668名)で、昨年の最終合格率(3.3%)より0.2%アップしています。

最終合格者数が620名前後

 今年の司法書士試験の出願者数は17,668名でしたから昨年並みの合格率3.3%では合格者が583名と600名を切るのかと心配しておりました。しかし今回筆記試験の合格者数が620名となり、最終合格者数もほぼこの人数と思って間違いないと思います(筆記試験を免除されている方がいることがありますので、最終合格者数が筆記試験合格者数を上回ることもあります)。
 司法書士試験の合格率が上昇傾向にあることは間違いないようです。

■司法書士試験合格者の概要(H30-H28)

項 目 平成30年度 平成29年度 平成28年度
最終合格者数
(620名予想)
629
660
筆記試験合格者数
620
632
659
出願者数
17,668
18,831
20,360
最終合格率
(3.5%予想)
3.3%
3.2%

  ※法務省ホームページの「司法書士試験のページ」より。
  ※受験者数は午前の部及び午後の部の双方を受験した者の数をいう

 

関連情報もあわせてご覧ください。
司法書士試験の出願者・受験者・合格者数の推移(平成22年~29年)
ジェットコースター並みの急激な変化|司法書士試験出願者数の推移(1980年~2018年)


PAGETOP