HOME » 最新ニュース » 司法書士事務所への応募書類は手書きか、パソコンか


司法書士事務所への応募書類は手書きか、パソコンか

自信があるなら履歴書は手書きで

司法書士事務所へ就職活動をしている方からの古典的な質問のひとつに履歴書などの応募の書類は手書きがいいのか、パソコンで作ったものでもよいのかというものがあります。

結論から言ってしまうと、手書きの文字に自信のある人は手書きで、自信のない人はパソコンでと答えています。パソコンで作っているからといって書類選考の段階で、悪い評価をされることは基本的にないと言ってもよいかと思います。ただ悪筆文字は明らかに評価が下がります。また綺麗で読みやすい手書き文字は評価が高くなります。

一般的な就活のノウハウ本などを読むと手書きの方がよいとか手書きじゃないと失礼だとか書かれていることもあるようですが、司法書士事務所であれば特に「手書き」と指定されていなない限り大丈夫だと思います。なお履歴書は手書きのもので提出してくださいとなっている事務所もありますからご注意ください。

職務経歴書はパソコンスキルの見せどころ

履歴書は手書きと指定されることもありますが、職務経歴書には特に指定がないのが一般的です。わたしは司法書士事務所に提出する職務経歴書こそはパソコンで作ってほしいと思っています。職務経歴書は履歴書と違って一般的なフォーマットというものがありませんから、パソコンを使って読みやすくつくることは自分のパソコンスキルをアピールする機会と考えていただきたいのです。

司法書士事務所で求められるパソコンスキルの一つにワードなどを使って見やすい、読みやすい書類を作成するというのがあります。このレベルのスキルはどの司法書士事務所でも求められるものだと思います。
文字の大きさ、行間、段落、見出しのつけ方、ボリュームなどを工夫して、職務経歴書は作ってみてください。


PAGETOP