HOME » 最新ニュース » 日本司法書士会連合会『司法書士のことがわかる本』


日本司法書士会連合会『司法書士のことがわかる本』

 日本司法書士会連合会では、広報活動の一環として、司法書士や司法書士の業務についてわかりやすく解説した小冊子「司法書士アクセスブック」を制作しています。その中の一冊に司法書士の業務や取り組みについて紹介している『司法書士のことがわかる本』があります。

 司法書士試験に合格されたばかりの方や受験中の方と話していると、司法書士や司法書士業務についてほとんどご存じないというケースも少なくありません。この連合会の出している『司法書士のことがわかる本』は一般方向けに書かれていますのでとてもわかりやすい内容です。司法書士事務所での補助者経験がない方は、一度お読みになって見てはいかがでしょうか。

 送料のみ負担すれば一人一冊まで無料で送ってくれます。また下記のURLからPDFをダウンロードすることもできます。
  司法書士会連合会「司法書士アクセスブック」のページ

  司法書士のことがわかる本 -主な目次-
  司法書士とは? 
  司法書士のしごと 
    家・土地について 
    相続について 
    成年後見制度について 
    日常生活のトラブルについて 
    労働トラブルについて 
    借金について 
    会社について 
    裁判について 
    その他の業務について 
  司法書士の取り組み 
  司法書士の日 

PAGETOP