HOME » 最新ニュース » 最近5年間で司法書士数が一番増えた地域、減った地域(平成28年版)


最近5年間で司法書士数が一番増えた地域、減った地域(平成28年版)

 司法書士会連合会のホームページによれば平成28年4月1日現在の司法書士個人会員数22,013名、平成23年では20,313名ですから5年間で1,700名、8.5%増加しています。
 司法書士数の増減にどの程度、地域差があるのか、気になったので調べてみました。

 平成23年から28年までの5年間で最も司法書士会員数の増加が多かったのは、東京司法書士会600名、次いで大阪司法書士会165名、神奈川県司法書士会162名、愛知県司法書士会141名、兵庫県司法書士会85名の順となっています。やはり東京の増加数がずば抜けています。
 逆に司法書士会員数の減少が最も多かったのは、青森県司法書士会16名、秋田県司法書士会11名、徳島県司法書士会10名、岩手県司法書士会9名、福井県司法書士会9名の順となっています。


■司法書士会別に見た会員増減数比較(平成23年と平成28年)

会名 会員数(平成28年) 会員数(平成23年) 増減数(人)
札幌司法書士会
472
429
43
函館司法書士会
46
50
-4
旭川司法書士会
69
70
-1
釧路司法書士会
84
81
3
宮城県司法書士会
323
295
28
福島県司法書士会
278
281
-3
山形県司法書士会
159
160
-1
岩手県司法書士会
147
156
-9
秋田県司法書士会
112
123
-11
青森県司法書士会
119
135
-16
東京司法書士会
3,943
3,343
600
神奈川県司法書士会
1,132
970
162
埼玉司法書士会
857
792
65
千葉司法書士会
725
647
78
茨城司法書士会
326
298
28
栃木県司法書士会
231
216
15
群馬司法書士会
298
293
5
静岡県司法書士会
493
446
47
山梨県司法書士会
133
129
4
長野県司法書士会
373
363
10
新潟県司法書士会
291
297
-6
愛知県司法書士会
1,275
1,134
141
三重県司法書士会
261
266
-5
岐阜県司法書士会
350
356
-6
福井県司法書士会
124
133
-9
石川県司法書士会
200
189
11
富山県司法書士会
161
166
-5
大阪司法書士会
2,368
2,203
165
京都司法書士会
570
510
60
兵庫県司法書士会
1,042
957
85
奈良県司法書士会
218
206
12
滋賀県司法書士会
226
209
17
和歌山県司法書士会
169
153
16
広島司法書士会
518
477
41
山口県司法書士会
234
240
-6
岡山県司法書士会
365
338
27
鳥取県司法書士会
102
107
-5
島根県司法書士会
117
124
-7
香川県司法書士会
168
170
-2
徳島県司法書士会
133
143
-10
高知県司法書士会
117
119
-2
愛媛県司法書士会
254
244
10
福岡県司法書士会
939
856
83
佐賀県司法書士会
120
120
0
長崎県司法書士会
161
157
4
大分県司法書士会
174
166
8
熊本県司法書士会
327
314
13
鹿児島県司法書士会
308
302
6
宮崎県司法書士会
178
170
8
沖縄県司法書士会
223
210
13
合計
22,013
20,313
1,700
※各年4月1日現在、司法書士会連合会資料よりメンターエージェントが作成

PAGETOP