HOME » 最新ニュース » 認定司法書士のできる仕事・業務とは


認定司法書士のできる仕事・業務とは

 司法書士簡裁訴訟代理等能力認定考査は毎年6月の第1日曜日に行われています。この認定考査で合格(認定)すると簡易裁判所における訴訟代理等に関する業務を行うことができるようになり、この認定を受けた司法書士を認定司法書士とよんでいます。
 この認定司法書士制度は平成14年(2002年)の法改正(施行は平成15年)により新設されたもので、最初の認定司法書士は平成15年に誕生しています。

 この認定司法書士がどのような仕事・業務ができるのか、具体的にはわかりずらいところもありますから、全国の司法書士会のウェブサイトから説明を拾ってみました。

■ 宮城県司法書士会

法務大臣の簡易裁判所代理認定を受けた司法書士は、一定の金額(140万円以下)まで、簡易裁判所での手続について弁護士と同様に本人に代わって代理人として訴訟手続を行います。通常の訴訟や、一定の事件の民事調停、少額訴訟(60万円以下の金銭請求訴訟で、原則として一回の期日で審理を終え、即日判決が言い渡されたり、和解が成立します)などの手続の代理を行います。また、裁判外での和解の代理、法律相談などの業務を行います。

※詳しくは宮城県司法書士会のウェブサイトをご覧ください。

■ 岩手県司法書士会

認定司法書士は、簡易裁判所の民事事件に限り、本人の代理人として訴訟等を行います。
※認定司法書士が代理人となることのできる民事事件は、訴訟の目的となる物の価額が140万円を超えない請求事件に限ります。 この範囲において、例えば、訴えの提起、支払督促、民事調停、少額訴訟手等の代理人となることができます。

※詳しくは岩手県司法書士会のウェブサイトをご覧ください。

■ 富山県司法書士会

簡易裁判所訴訟代理等に関する業務
司法書士は、簡易裁判所における紛争の請求額が140万円以下の事件に関する民事裁判や民事調停などの代理人となったり、裁判外での和解交渉の代理、法律相談などの業務を行っています。(なお、これらの業務は平成15年4月の司法書士法の改正により認定司法書士に限って行うことができるようになりました。)

※詳しくは富山県司法書士会のウェブサイトをご覧ください。

■ 大阪司法書士会

認定司法書士は、さらに次のような「簡裁訴訟代理等関係業務」を行うことができます。
簡易裁判所において、請求額が140万円までの民事紛争について、民事訴訟手続、即決和解手続、支払督促の手続、証拠保全の手続、民事保全の手続、民事調停の手続などを、あなたに代わって(代理人となって)行います。
簡易裁判所において、あなたの代理人として、少額訴訟債権執行の申立てを行います。
代理人ですので、あなたのために、あなたに代わって、簡易裁判所に出廷し、弁論したり、和解に応じたりすることができます。
簡易裁判所の事物管轄(紛争の目的の価額が140万円までの民事紛争)の範囲の紛争・トラブルについて、あなたの代理人となって、裁判になる前に、または裁判外で、解決のための手続を行います。
簡易裁判所の事物管轄(紛争の目的の価額が140万円までの民事紛争)の範囲の紛争・トラブルについて、あなたからの相談に応じます。

※詳しくは大阪司法書士会のウェブサイトをご覧ください。

■ 佐賀県司法書士会

弁護する【簡裁訴訟代理】
あなたに代わって、簡易裁判所の法廷に出廷し、弁論します。

調停に臨む【民事調停代理】
一定の事件につき、あなたに代わって相手方との調停の場に臨みます。

相談を受ける【法律相談業務】
簡易裁判所の民事訴訟事件等について法律相談を受けます。

和解する【裁判外の和解代理】
裁判手続以外でも一定の事件について、あなたに代わって相手方との和解契約の代理をします。

執行する【小額訴訟債権の執行代理】
あなたに代わって、小額訴訟手続の代理からその強行執行手続の代理までができるようになりました。

※詳しくは佐賀県司法書士会のウェブサイトをご覧ください。

■ 愛媛県司法書士会

認定司法書士は,次のような「簡裁訴訟代理関係業務」を行うことができます。

簡易裁判所において,訴額(請求額)が金140万円までの民事紛争について、民事訴訟手続、即決和解手続、支払督促の手続、証拠保全の手続、民事保全の手続、民事調停の手続などを、あなたに代わって行います。

簡易裁判所において、あなたの代理人として、少額訴訟債権執行(給料の差押えなど)の申立てを行います。

代理人とは、あなたに代わって、簡易裁判所に出廷し、弁論したり、和解に応じたりする者をいいます。

簡易裁判所の事物管轄(紛争の目的の価額が金140万円までの民事紛争)の範囲の紛争・トラブルについて、あなたの代理人となって、裁判になる前に、または裁判外で、解決のための手続を行います。

簡易裁判所の事物管轄(紛争の目的の価額が金140万円までの民事紛争)の範囲の紛争・トラブルについて、あなたからの相談に応じます。

※詳しくは愛媛県司法書士会のウェブサイトをご覧ください。

 

関連情報もあわせてご覧ください。
平成30年度簡裁訴訟代理等能力認定考査情報(受験案内)
ますます厳しくなる司法書士の簡裁代理認定!|平成29年度簡裁訴訟代理等能力認定考査の結果発表
簡裁代理認定考査受験者数と認定者数の推移(全16回)


PAGETOP