HOME » 最新ニュース » 3-2.誰がお客様か(9)|司法書士のための就活コラム


3-2.誰がお客様か(9)|司法書士のための就活コラム

業務のことを知ろう -誰がお客様か-
⑨ チャネルクライアントの実務エンドクライアントの実務の違いを改めて

 チャネルクライアントからの依頼の実務、エンドクライアントからの依頼の実務、それぞれ特徴を改めてまとめてみると以下の通りです。ただ、これらの特徴は相対的なものなので、すべてがそうということではありません。

 チャネルクライアントからの依頼の実務
 やることが最初から決まっている。効率が良い仕事が多い。定型的な仕事が比較的多いので習熟するのに時間がかからないことが多い。

 エンドクライアントからの実務
 やることが最初から決まっていない。発注されるかどうかも未確定で、仕事の目途も立てづらく効率が悪い。非定型な業務となり、司法書士の能力差が出やすい。

 上記を「家を建てる」をたとえ話にわかりやすくイメージしてもらうとすると、チャネルクライアントの仕事はハウスメーカーで家を建てる、エンドクライアントは設計事務所に依頼をして家を建てる、といったところでしょうか。

 ハウスメーカーは既存のシリーズの中で選択してもらって家を建てます。設計事務所はお客様の要望を聞きながらプラン立てして家を建てます。

 どちらの実務がいい悪いということはありません。自分にあっているかどうかということです。ある司法書士は、チャネルクライアントの仕事は決まりきった仕事なのでつまらないと言います。ある司法書士はエンドクライアントの仕事はやるかやらないかも決まらないし、責任も重いし、効率も悪い、だからやりたくないと言います。

 以上のようにチャネルクライアントの仕事とエンドクライアントの仕事とは全く別物といってもよいわけです。

 
 

- 司法書士のための就活コラム -
1.先輩司法書士たちがなぜ事務所選びで失敗しているのか
2.事務所を選ぶ際に確認が必要な3つのこと
3-1.司法書士業務のことを知ろう
3-2.誰がお客様か(1)|チャネルクライアントとエンドクライアント 1
3-2.誰がお客様か(2)|チャネルクライアントとエンドクライアント 2
3-2.誰がお客様か(3)|チャネルクライアントは多様
3-2.誰がお客様か(4)|不動産仲介業者からの不動産決済
3-2.誰がお客様か(5)|実需系のマンションデベロッパーからの集団事件
3-2.誰がお客様か(6)|チャネルクライアントの実務の特徴
3-2.誰がお客様か(7)|エンドクライアントの実務の特徴
3-2.誰がお客様か(8)|エンドクライアントの実務はどんなものがあるのか
3-2.誰がお客様か(9)|チャネルクライアントの実務エンドクライアントの実務の違いを改めて


PAGETOP