HOME » 最新ニュース » 3-3.司法書士の専門性について(1)|司法書士のための就活コラム


3-3.司法書士の専門性について(1)|司法書士のための就活コラム

司法書士の業務とは -司法書士の専門性について-
① 司法書士はお医者さんと一緒

 既に見てきましたように、司法書士の実務はチャネルクライアントの種類の数ほど求められる専門性が違ってきます。また、エンドクライアントからの依頼も様々なので、それぞれの業務によって求められる専門性は異なってきます。

 15年ほど前まではほとんどの司法書士は不動産登記を生業として食べていました。

 それが近年、お客様のニーズ、業務範囲の拡大、司法書士間の競争の激化、広告の自由化、法人制度の創設な様々な要因が重なって、司法書士もある程度専門特化するようになってきました。

 司法書士もお医者さんと一緒で事案によって求められる専門性が全く異なるのです。

 皆さんが医療機関を選択する際は、症状によって受診する先を使い分けているはずです。春先、花粉症の症状が出たのなら耳鼻科かアレルギーの専門外来、メンタルがやられて夜眠れないとなったら心療内科、骨折したら整形外科。依頼者の立場に立った場合、何でもできますよといった専門家よりも、自身の症状にあった専門家を選ぼうとするでしょう。

 弁護士も昔は小規模な街弁が多く、弁護士自身の数も少なく、ホームページもなかったので、依頼者は自分の課題によって弁護士を選択するということはなかったと思います。

 司法書士も求められる専門性が案件によって一つ一つ違うので皆さんが習得すべき実務能力もある程度絞り込んでいく必要があるわけです。

 
 

- 司法書士のための就活コラム -
1.先輩司法書士たちがなぜ事務所選びで失敗しているのか
2.事務所を選ぶ際に確認が必要な3つのこと
3-1.司法書士業務のことを知ろう
3-2.誰がお客様か(1)|チャネルクライアントとエンドクライアント 1
3-2.誰がお客様か(2)|チャネルクライアントとエンドクライアント 2
3-2.誰がお客様か(3)|チャネルクライアントは多様
3-2.誰がお客様か(4)|不動産仲介業者からの不動産決済
3-2.誰がお客様か(5)|実需系のマンションデベロッパーからの集団事件
3-2.誰がお客様か(6)|チャネルクライアントの実務の特徴
3-2.誰がお客様か(7)|エンドクライアントの実務の特徴
3-2.誰がお客様か(8)|エンドクライアントの実務はどんなものがあるのか
3-2.誰がお客様か(9)|チャネルクライアントの実務エンドクライアントの実務の違いを改めて
3-3.司法書士の専門性について(1)|司法書士はお医者さんと一緒


PAGETOP