HOME » 最新ニュース » 3-3.司法書士の専門性について(2)|司法書士のための就活コラム


3-3.司法書士の専門性について(2)|司法書士のための就活コラム

司法書士の業務とは -司法書士の専門性について-
② 地域による違い

 司法書士の専門性について地域による違いがあることをご説明しましょう。

 まずは都市部。
 都市といっても東京は別格です。企業法務、中でも新規上場支援や上場企業の会社法務手続はほぼ東京に集中しているからです。

 次に、大都市圏。一都三県、地方の中核都市がそれに該当します。特徴としては司法書士間の競争が激しい地域です。そうなると、選択する側(依頼者側)の意向が強力に反映するので、ある程度専門性が高くないと依頼をしていただけません。自ずとこれらの地域は専門特化した事務所多くなります。

 地方都市、大都市圏でも人が多く居住する郊外。ここでの特徴は、エンドクライアント。とくに高齢者の方が抱えている問題を解決する先生を持った司法書士が必要とされます。エンドクライアント向けの仕事でも多重債務者の問題解決というお仕事がありますが、これらの方々は自身の住居地だけではなく、勤務先から事務所にアクセスすることも多いので、仕事が郊外に偏るということはありません。そして、これらの地域は、大都市圏と比較すると競争が高くはないので、専門特化した事務所がそれほど多くはないというのが実情です。

 以上のことを考えながら、ご自身が勤務する場所、独立したい場所によって磨くべき専門性を考えるということは一つあるでしょう。それとは逆に、やりたい業務によって勤務する事務所や独立する場所を選択するという考え方もあるでしょうね。

 
 

- 司法書士のための就活コラム -
1.先輩司法書士たちがなぜ事務所選びで失敗しているのか
2.事務所を選ぶ際に確認が必要な3つのこと
3-1.司法書士業務のことを知ろう
3-2.誰がお客様か(1)|チャネルクライアントとエンドクライアント 1
3-2.誰がお客様か(2)|チャネルクライアントとエンドクライアント 2
3-2.誰がお客様か(3)|チャネルクライアントは多様
3-2.誰がお客様か(4)|不動産仲介業者からの不動産決済
3-2.誰がお客様か(5)|実需系のマンションデベロッパーからの集団事件
3-2.誰がお客様か(6)|チャネルクライアントの実務の特徴
3-2.誰がお客様か(7)|エンドクライアントの実務の特徴
3-2.誰がお客様か(8)|エンドクライアントの実務はどんなものがあるのか
3-2.誰がお客様か(9)|チャネルクライアントの実務エンドクライアントの実務の違いを改めて
3-3.司法書士の専門性について(1)|司法書士はお医者さんと一緒
3-3.司法書士の専門性について(2)|地域による違い
3-3.司法書士の専門性について(3)|どのような過程を経て自身の専門性を磨けばよいのか
4-1.キャリアプランを考えよう(1)|なぜキャリアプランが必要なのか


PAGETOP