HOME » サービス紹介 » 司法書士 就職・転職成功者インタビュー 藤田舞さん


司法書士 就職・転職成功者インタビュー 藤田舞さん

藤田舞さん

―  メンターエージェントに登録したきっかけ、理由を教えてください。

 メンターエージェント知ったのは、補助者として勤めていた事務所に自分より後で入所した資格者がメンターエージェントさんを使っていました。自分が司法書士試験に合格したあと事務所選びを真剣に考え始めていたとき、その資格者に相談したら、いくつかエージェントは行ったけどメンターエージェントが一番良かったよと言っていただいたので迷わずお願いすることにしました。

― 司法書士法人小保内事務所を選んだ決め手はなんですか。

 前の事務所は決済だけの事務所でした。合格後は司法書士としていろんな分野へ専門領域を広げたいと考えていたので、それにマッチした事務所として選択しました。これは私だけのイメージかもしれませんが、東京の事務所は前の事務所と同じように一定の分野に特化しているところが多いように思います。
 小保内事務所は都市部からは離れていますが、だからこそ総合的に幅広い業務がやれているのではないかなと思っています。事務所がある横須賀は司法書士同志も仲が良いですし、弁護士、税理士、土地家屋調査士など他士業の先生と一緒に仕事をすることも多いです。市民相談なんかもドキドキしながら参加していますが、鍛えられますね。

― 小保内事務所に入られて1年がたちますが、当初イメージしていた通りですか。

 パターン化された仕事ではなく、イレギュラー案件というか一つひとつカスタマイズが必要な、考えながら問題解決しなければならない仕事が多いと感じています。
 本職がみんなで相談しながら解決していくことも多く、まさにプロフェッショナルの仕事だなと感じながら仕事をしています。決済を中心に仕事はしていますが、商業案件も携わらせていただいていますし、これからは後見にもチャレンジしたいと思っています。

― 小保内事務所の特徴を聞かせてください。

 業務が幅広いということはお話しした通りです。
 仕事の進め方については、かならずしも手取り足取りではないので、自分で調べて何とかしようと取り組むことができる積極的な方には合っている事務所だと思います。
 もちろん大変ですがその分、力は相当付きます。
 また、女性だけの事務所で最初は大丈夫かなと思いましたが、みんなさばさばしていますし、男性がいる事務所より働きやすかったなと思っています。

藤田舞さん

― 今後の目標があったら教えてください。

 入所して1年数か月。まだまだ関われていない分野は多いので、どんどんやらせていただいて自分のものにしていきたいと思います。司法書士の分野の幅広さはもちろん、税務やその他の分野の知識も駆使して問題解決できる総合力のある司法書士になっていきたいと考えています。

― 最後に就職転職を考えられている方へのアドバイスをお願いします。

 せっかく苦労して合格したのだから、後悔しないようにいろんな事務所を経験することは悪いことではないと思います。その中で自分の方向性や最終的に決めていけばよいくらいのスタンスでやっていけばよいでしょう。
 わたしの場合は自分の求める要件を伝えて多くの事務所の中から小保内事務所を推薦していただいたので、エージェントを使ってよかったなと思っています。
 最初は業界のこともわからないですし、どんな事務所があるかもわからないので、自分の要望を伝えて、選択してもらうのが就活には良い方法なのではないでしょうか。


※ 取材 2017年6月


PAGETOP