HOME » 業界の最新動向 » 他士業と司法書士人口の比較


他士業と司法書士人口の比較

9士業の合計人口は266,706名、そのうち司法書士は7.9%、税理士は27.6%

 司法書士、弁護士、土地家屋調査士、行政書士、社会保険労務士、不動産鑑定士、公認会計士、税理士、弁理士という9士業の人口を合計すると個人会員が266,706名、法人会員が5,112法人(平成25年)。このうち司法書士は個人会員が20,979名で全体の7.9%、法人会員は490法人で全体の9.6%を占めています。人口が多いのは税理士で個人会員が73,725名で全体の27.6%、法人会員は2,575法人で全体の50.4%を占めています。

 平成24年から平成25年までの1年間における各士業人口の動きを見ると、公認会計士では個人会員が8.0%増(1,845名)と大きく伸びています。次いで弁理士では個人会員数が5.5%増(499名)、弁護士では個人会員が4.8%増(1,548名)となっています。しかし不動産鑑定士、土地家屋調査士ではこの1年で個人会員がそれぞれ93名(1.6%)、112名(0.6%)の減少となっています。
 なお司法書士では個人会員は20,670名から20,979名と309名、1.5%の増加、法人会員は458法人から490法人と32法人、7.0%の増加となっています。
 

■他士業と司法書士人口(個人会員数)の比較

他士業と司法書士人口(個人会員数)の比較

 

■他士業と司法書士人口(個人・法人会員数)の比較

士 業 平成24年 平成25年 増減数(増減率)
個人会員 法人会員 個人会員 法人会員 個人会員 法人会員
司法書士 20,670 458 20,979 490 309(1.5%) 32(7.0%)
弁護士 32,134 581 33,682 658 1,548(4.8%) 77(13.3%)
土地家屋調査士 17,328 203 17,216 229 -112(-0.6%) 26(12.8%)
行政書士 42,177 217 43,126 293 949(2.3%) 76(35.0%)
社会保険労務士 36,850 417 37,784 476 934(2.5%) 59(14.1%)
不動産鑑定士 5,679 5,586 -93(-1.6%)
公認会計士 23,119 213 24,964 214 1,845(8.0%) 1(0.5%)
税理士 72,635 2,366 73,725 2,575 1,090(1.5%) 209(8.8%)
弁理士 9,145 164 9,644 177 499(5.5%) 13(7.9%)
合計 259,737 4,619 266,706 5,112 6,969(2.7%) 493(10.7%)

※「司法書士白書2014年版(司法書士会連合会)」に基づきメンターエージェントが作成
※司法書士、弁護士、土地家屋調査士、行政書士は各年4月1日現在、
 社会保険労務士、公認会計士、税理士、弁理士は各年3月31日現在、
 不動産鑑定士は平成24年は4月1日現在、平成25年は3月31日現在の会員数
※公認会計士の法人とは監査法人

2014年12月26日掲載


PAGETOP